ビールのどうして??

第1回 「ビールと発泡酒」

第1回では、発泡酒とビールの定義についてご紹介します!

BYCブルーイングのビールをご購入いただいた方ありがとうございました。

さて、ビールと思って買ってみたのに品目は「発泡酒」となっていることに???と感じた方

多いかと思います。

初めにビールの定義についてかなり大まかに言うと

①「原材料の内、半分以上は麦芽を使いましょう」

②「副原料(野菜や果物など)を使ってもいいけど定められた物(シナモンやコーヒーもOK)以外は使ってはいけません」

となっています。

なので、この定義から外れるとそれはビールではなく発泡酒となるのです。

ちなみに①から外れた麦芽の使用率が50%未満の発泡酒はビールに比べて酒税が安くなっているので

スーパーでもビールに比べて低価格で購入できます。

ではBYCブルーイングの製品はといいますと①はクリア(麦芽使用率50%以上です)

ところが②でアウト!定められた物品以外を使っているので残念ながらビールでは無く

発泡酒となっているのです。

ただややこしいのですが、①をクリアしている場合発泡酒ではあるのですが

酒税はビールと同額なのです!

なので発泡酒なんだけどビールと同価格になってしまうのです。

実は消費者の方々を混乱させるような「発泡酒」という品目にしているのは「ビール」だと製造免許の取得が困難だからなのです。この辺の事情はさらに複雑になるので割愛します。

興味がある方はビールについて書かれた本などで調べて下さい。あるいはお近くの方は店主に直接尋ねて下さいませ。

まとめるとBYCブルーイングの製品は品目上は「発泡酒」となっていますが、ビールと変わりません。

(と店主は思っています)

酒税はビールと同額なので、価格もビールと同程度になります

​(大手様のビールに比べるとかなり高いですが)

読むのが面倒な方は最後のまとめ部分だけ読んで下さい